よくある質問

よくある質問 一覧

EDI システムに関するよくある質問をまとめて掲載しています。
こちらに掲載されていない事柄でご不明な場合、
お電話、お問合せフォームより、お気軽にお問合せください。


通信手段

次世代プロコトルに対応していますでしょうか?
EDIINT AS2 / ebXML MS / JX手順 / SFTP 等に対応しております。
現状環境をヒアリングさせていただき、導入ロードマップをご提案致します。
通信プロトコルは、何が対象でしょうか?
「JCA/全銀BSC/全銀TCP/IP/FTP Client/FTP Server/SFTP Client/ebXML MS/EDIINT-AS2/JX手順」が対象であり、主要プロトコルに対応しております。
ISDNサービス等の公衆交換電話網(PSTN)が2024年1月から順次廃止となるが対応状況は?
当社として業界団体と連携しながら EDI PACK に対策を実装し進めています。多少の時間的余裕はありますが、早期に弊社にご相談頂き、ISDNからインターネットEDIへと移行することをお勧めします。
ISDN廃止/PSTN問題の対応策解決サイトへ
全銀TCP/IPを使い続ける方法は無いでしょうか?
当社は、EDIPACKソリューションの全銀TCP/IPプロトコルに対し、セキュリティ機能(SSL/TLS機能)を搭載した独自プロトコル「NZ-TLS」を追加し、ご要望を実現しています。
日本情報通信株式会社プレスリリースへ
Aazonと接続可能でしょうか?
弊社ASPサービス経由で接続されているお客様が多数存在します

稼働環境

稼働環境は?
AIX/RedHat Linux/i5_OS(AS/400)上で稼働致します。
Microsoft Windows Serverでの稼働は可能でしょうか?
EDI PACK本体は対応しておりません。但し、オプションのTranslator(様々なファイル変換、文字コード変換に対応した汎用ファイルコンバージョンツール)は対応しております。
※Windowsに関してご連絡下さい。個別課題対応致します。
クラウド環境/仮想環境導入実績について
多数の実績を保有し可能です。
日本情報通信クラウド基盤サービスメニューへ
IBM POWER Systems利用について
POWER基盤をクラウドサービス(占有/共有型とも)でメニュー化しご用意しています。
HW保守切れ、人的リソース等で課題があればトータルでご相談をお受けします。
仮想ホスティングサービス NI+C Cloud Power
クラウドなど外部基盤にEDI PACKを導入したい場合、基盤準備を含めて依頼可能でしょうか?
トータルで外部基盤構築を含めてご提案し構築まで致します。
災害対策を意図した冗長化構成は可能でしょうか?
可能です。お客様のご要望に合わせて構築致します。

導入後フォロー

保守サポートはありますでしょうか?
御契約時に保守サポート契約を締結いただき、弊社サポートチーム「First Support Center」よりEDI PACKに関するご質問を一括して承ります。
保守サポート時間の指定は可能でしょうか?
EDI業務はお客様毎に異なります、お客様業務に合わせた保守サポート時間をご提案いたします。
 
24時間365日の保守サポート提供はありますでしょうか?
ご用意しております。

ASPサービス

自社からASP センターまでの接続はどのようになりますか?
セキュア(専用線等)回線をご利用いただくか、お客様が御利用の既存インターネット回線を利用します。
なお、セキュア回線についても当社からご提案&ご提供可能です(後述)。
EDI取引先数の最少単位はいくつですか?
1社からとなります。順次追加する事によりスモールスタートが可能となります。
サービス申込みから利用開始までの期間はどの位ですか?
内容にもよりますが、最短一か月ほどでサービス開始可能です。
オンプレミスのEDI PACKとASPサービスに機能の違いはありますか?
機能的に差はございません。運用監視形態においてオンプレミス形態とASP形態に差異があります。
また、お客様が資産、保守体制を社内に持つ必要が無くなります。
自社からASPセンターへの専用回線を要望した場合、回線の提供は可能でしょうか?
弊社サービスNMS+をご提案致します。
NMS+(えぬえむえすぷらす):JNX(自動車業界標準NW)の認定プロバイダサービスであり、JNXメトリックに準拠して運用。
JNX(Japanese automotive Network eXchange):日本国内の自動車メーカーと自動車部品メーカーなどで構成される、セキュリティの確保された業界ネットワーク。各種部品などの取引や情報交換に使用。2000年10月にサービスを開始しています。

その他

基幹系システムとはどのようにデータ連携しますか?
FTP、HULFT等で連携致します。
EDI PACKの対象は流通・小売だけでしょうか?他業種は適用できないでしょうか?
あらゆる業種業態に対応しております。自動車業界向けにはEGW(別製品)をご用意しております。
EDI PACKの利用は外部接続のEDI限定でしょうか?
企業内データ連携 EAI(Enterprise Application Integration)でご利用のお客様もあります。
IBM Bluemix Infrastructure(旧 SoftLayer)、AWS などCloud基盤利用は可能でしょうか?
可能です。また、多数実績を保持しています。
EDI PACKはオンプレミスとASPのどちらが良いですか?
お客様の環境と方針、接続先数など総合的に判断しご提案致します。
EDI について教えて下さい
EDI(Electronic Data Interchange)とは、コンピュータネットワークを介して、電子的に受発注業務 などの商取引を行うことを言います。正確には、「異なる組織間で、取引のためのメッセージを 通信回線を介して標準的な規約を用いて、コンピュータ間で交換すること」と定義されています。 商取引は書類や電話で情報が交換された時代から、コンピュータの登場と共に各社個別に 管理をコンピュータで行う時代を経て、コンピュータ同士でデータを交換する 時代へと変化してきました。しかし、電子化が進んだ事によって各社毎の端末が必要で あるといった問題や変換が複数必要である等の問題が発生してきました。そこで登場したのが 標準に基づいて電子データ交換を行うEDIなのです。
ISDN(Integrated Services Digital Network)は無くなるのですか?
固定電話バックボーンのPSTN(Public Switched Telephone Network)が2024年1月から固定電話網をIP網への切替を開始します。 IP網への移行に合わせてINSネット(デジタル通信モード)の提供は終了します。
※デジタル通信モード=電話回線を介してデータ通信が可能なサービス
流通BMS(Business Message Standards)とは?
流通事業者(メーカー/卸/小売)のEDI標準仕様。経済産業省の「流通システム標準化事業」により、07年4月に制定されました。流通BMSに対応することで流通事業者は、発注、出荷、受領、検品、請求などのデータを高速かつ低コストで交換することができます。 レガシー手順のJCA手順は遅い通信速度、モデムが必要、制約が多い等の欠点がありましたが、流通BMSはインターネットを利用し様々なメリットを享受できます。