eXchange

特徴

  • XMLデータ固有処理を基幹システム側で対応することなく、取引先様との流通BMSへの対応が短期間で 可能となります。
  • XML ←→ 従来の自社フォーマット間の相互変換が可能。
  • 返信用XMLメッセージ(例:発注に対する出荷メッセージ)への項目値の継承機能。基幹システムでの対応が不要。

主な機能

XMLデータ蓄積・継承

流通BMS導入への課題を解決!

昨今の流通BMS要請に対し、基幹システム側での主な課題内容として以下があげられます。

  • 項目数の多いBMSメッセージ変換対応
  • 返信(出荷)メッセージ作成における項目補てん
  • ファイルサイズの大きいBMSメッセージ処理におけるキャパシティや性能管理

このような課題に対して、「基幹システムの開発コストを抑え、取引先様からの要請に迅速に対応する」それがeXchangeです。